■最近の記事
■カウンター

■ケベック発

ケベックシティ出身モントリオール在住のメアリーの絵本。

■ケベック発

ピナクル林檎のアイスワイン 味は甘くて濃厚。食前・食後酒・ソーダ割り等、色々な楽しみ方が出来ます。

■ケベック発

「浜ちゃんと!」にも出てたメープルヌヴォー。 メープルシロップは多々あれど、ヌボーは貴重。数も少なく希少価値有り。特別な贈り物に。

■ケベック発

ケベック州東部ガスペ半島で初めて発見されたので Gaspeite ガスペイトと名づけられた天然石。一番下緑の石。

■留学生の味方

モントリオールのエージェントさん。Jump Start Montreal


■My favorite
■最近のコメント
■カテゴリー
■茶

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
男前ロッキー
P7310561.jpg
P8040708.jpg
P731056999.jpg
P7310572.jpgP7310625.jpg
P73105809.jpg
P80407369.jpg
P8040739.jpg
P8040743.jpg
P8040726.jpg
P8010637.jpg
P8010644.jpg
先日カルガリーからバンフ方面へ小旅行へ行ったときの写真たち。
どれも良過ぎてピックできず、こんなにいっぱい載せてしまうハメになりました。
私の大好きな男山(酒じゃない)
ドライブだけで、こんな男前の山々が押し寄せてくるんです。
どうです 癒されるでしょ
この迫力あるドライブコースは何度行っても飽きず、毎回魅了させてくれます。吸い込まれる様な3D感も、現実逃避気味の人にはたまりません。岩山あり、湖あり、氷河あり、滝あり、動物あり。
カルガリーは初めて海外に出た時の最初の街。色んな思い出もある街で、親友も住んでいる、ちょっとした里帰り気分でした。街はどんどん大きくなっていましたが、どうやらピークは超えたようで、これから物件下がるかも。しれません。
今のケベックの生活に慣れていたせいか、日本食から何から何までも揃ってしまうカルガリーにカルチャーショック気味なものを受け帰Q。
空港に着くと意外にも安堵感が浮上。
それでもやっぱりケベックがホームなんだと実感しました。
ん、オカシイ、、、私、前は、英語圏の空港行くと安心してたのに・・・やっぱりケベック大好きなのね。
最後はカルガリーの夜景。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

里帰り | 10:30:14 | Trackback(0) | Comments(7)
Happy Wedding
P8040667.jpg
自分の結婚式は絶対絶対嫌だけど、人のはいいねぇ
この度は親友の結婚式でカルガリーまで行って来ました。しかも、新婚の身にもも関わらず3週間もの間、堂々と家を空けていきました。
日本と違うのは、パーティーが長いことと、お涙頂戴のお父さんへの挨拶が無い(これは新婦が省いたのかもしれないけど・・・
8PMから始まり、夜中1時まで続き・・・前日は仕度と緊張であまり寝れなかったせいもあり、終盤の眠い事眠い事・・・。しかもメイドオブオーナーという重大なお役まで付けていただいて・・・何それって感じっす。スピーチって、人前で喋るの嫌なのに、親友の為に人肌脱ぎましたよー。結果は勿論ボロボロですわ。しかも歳取って余計に涙もろいってーの。事前に緊張をほぐそうといくらワイン飲んでも酔いません。
ほぼ手作りのウェディングだったので、主役の新婦が招待状全部手作りしたりと、大忙しのまま当日に入り、式当日に買い忘れていたものを買いに走ったりと一時はどうなる事かと思ったけど、結果、暖かい素敵なパーティーとなりました。この労力を惜しまずに成功させた親友に脱帽ですわ。
雛壇ののお花や、このケーキのお花も新婦のお母さんとお姉さんたちで生け花ししたもの。
P8040689.jpg
このドレス、ビーズがところどころ着いてて、ラブリーです
ちなみに私も試着させてもらって写真を撮らせてもらいました。白無垢しか写真とって無かったのでラッキー。感謝
今回、親友結婚式に行ったはずなのに、私の結婚も聞きつけて数人の方からお祝いを頂きました。
かたじけない
ちなみにこちらではお祝いのギフトや商品券渡す時に、レシートも一緒に添えるそうです。
同じ品がかぶった場合、返品できると言う名目でしょうが、ま、様は、お気に召さないものならば返品・交換できるようにと言う事のようです。合理的ですな。
P8090771.jpg
↑これ、日本のお兄さんご夫婦にご祝儀と共に頂いたお祝い品(!?)です。頂いた時、こんなものがあるんだぁと驚いたので載せてみます。
それはまるで結納グッズみたいな・・・するめもどきが・・・

3週間ぶりなので、洗濯物はたまってるし、掃除もしなきゃだけど、やっぱり我が家は落ち着くわ~。
と言うわけで、バカンス終了。

N子よ、おめでとう 一緒に幸せになろー


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

生活 | 00:54:19 | Trackback(0) | Comments(3)
2008 Ile d'orleans
 Feist の Feel it all 

今年もどうにかしてオルレアン島に行く事が出来ました
苺の季節も終盤でしょうか。イチゴ狩りされてる方々もたくさんいました(勿論私は買います)
去年の苺はどちらかと言えば甘酸っぱく、今年のものは甘~い仕上がりのようです。
もとが甘いので砂糖少な目でも美味しいジャムが出来ましたよ。
幻のパン屋さんにも行けたし、オルレアン島を一日堪能。
*)オルレアン島はシーズンものが多いので「幻」が多い・・・

ではでは、オルレアン島から見える景色です。
オルレアン島から見るモンモーランシーの滝(右側の白いもの)
PB7160369.jpg
川越しに見える北米三大巡礼地のひとつサンタンドゥボープレ大聖堂
PB7160389.jpg
どこまでものどかな島です
PB7160384.jpg
オルレアン島から見たサンタンスキー場のコース
BPB7160387.jpg
オルレアン島からのケベックシティの夜景
PB7160475.jpg
田舎の夜は数少ない光が妙に映え、幻想的な所と化します(1人じゃ怖いけど)
PB7160474.jpg

オルレアン島で買った卵。味が濃い!尋常ではない黄身のふくらみ
P7180492.jpg




日本三大うどんにあげられる大澤屋の水沢うどん
本物のジンギスカンを北海道からお届け!『北の味覚便』 
カフェインゼロ健康茶最高級ルイボスティー「3週間お試しセット」 


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

ケベックシティ | 21:30:10 | Trackback(0) | Comments(5)
光と映像と音楽
400年記念の夏フェスティバルで盛り上がっているケベックですが、夏フェスとは別に
Le moulin a image を観てきました。

ケベックの下町にある小麦粉工場を使ったアートで、横に600mと長い工場の外壁にプロジェクターで映像を映し出す。と、なんとも奇抜な発想。
その業界では有名な Robert Lepage さんと言う方がプロデュースだそうです。もちろん私は知りませんが・・・
内容はケベック400年にちなんで(?)ケベックのの歴史。しかも音楽と映像だけなので、言葉の分からない私でも、取り残された感じがせずに(被害妄想です)楽しめましたよ。しかも凄い迫力
最近語学学校でケベックの歴史を学んでいるので、タイムリーでグー。
夏はもともと催し物がいっぱいのケベックなのに、今年はさすが400年です、更にたくさんのスペクタクル。週末は催し物が行われる旧市街周辺は人でごった返しです。
こんな記念すべき年にここにいられたなんて、ラッキー。
ずーっとこの先、そう言えばあの時はケベック400年記念だったね~と振り返る時に思うんだろうなぁ。

夜のヨットハーバー
夜のVIA鉄道の駅も
夜の街
おまけの流れ星
全部キラキラしていて、普段の生活と違う空間。

今年の夏はやらなければいけない事、行かなければ行けない所などなど、こなさないといけない諸々が多く、その他にこんな色んな行事があって見逃せなかったりするので、色んな事で身体が忙しい限りで、こんな夏は久々だなぁと感じます。
って思ってる間にここの夏は終わってしまうので、味わっておかなきゃです。

Le moulin a image は8月24日まで毎晩10PMから40分間やっているそう。
あと2週間ほどですが、これかなりお勧めでございます。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

ケベックシティ | 00:10:39 | Trackback(0) | Comments(3)
幻のシュークリーム
やっと見つけたんです、シュークリームらしきもの!
P50500419.jpg

ご存知の通り、海外には日本のシュークリームはこちらにはございません。

しかし見つけたのです。なんと Premiere moisson で!
そこにあるのもこれまた不思議でしたし、味に期待はせずに即購入。
名前は Rhum なんとかと書いてあったので、思いっきりちがうものの名前が書かれていた為名前不明。さすがカナダ。
皮が固いのは大目に見て、合格。カスタードではなくて生クリームでそれなりに美味しく頂きました。だってこっちは生クリームのケーキが無い。

その後何度かシュークリーム目当てに行ってみたけど、あれ以来お目にかかれておりません。
あ~あの時名前聞いておけば良かった~と後悔するのでした。語学の自信の無さと、面倒臭いのが重なってお店の人に尋ねてませんが。
でも最近暖かくなり観光客も増える時季のせいか、どこに行っても英語も話せる人を従業員が増えてきてる感があるので、ちょっと勇気を出してみようかしら、幻のシュークリーム。

ロンドンやバンクーバーには Beard papa なる日本のシュークリーム屋さんがあるってーではないですか。大都市は違うの~。
日本にいた頃、駅前にあったからたまに食べてたけど、美味しすぎて危険です。皮もさくさくしてて軽いし3個くらいペロっといけてしまう。だから、なくて良かったケベックに~、と思う事にしまする。
コージーコーナーのジャンボシューも冷やして食べるとサイコー。

シュークリームはないけれど、イタリアンのカンノーリで代用するとします。って、モントリオールにはあったけどケベックにはあるのかしら?あまりイタリアの人をお見かけしないけど・・・
まだまだ探求が必要か。

Feist の Bushaboom





追伸
本日日曜、お店に行ってみてきたらなんとシュークリームがありました!しかも6個も。これは土曜日に入荷とみました。名前は Choux a la creme そのまんま。




テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

食いしん坊 | 10:45:49 | Trackback(0) | Comments(3)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。